自筆証書遺言とは?

遺言者自身が手書きで作成する遺言です。

 

【メリット】
 ・費用がかからない
 ・証人がいらない
 ・内容を秘密にできる

【デメリット】
 ・家庭裁判所での検認が必要
 ・本人が保管するため、紛失や改ざんの恐れがある。すぐに発見されない可能性がある。
 ・様式などに不備があった場合、無効になる可能性がある

 

自筆証書遺言の書き方は次のページをご覧ください。
自筆証書遺言の作成

公正証書遺言とは?

遺言者が公証人の面前で遺言の内容を口授し、それに基づいて、公証人が遺言者の真意を正確に文章にまとめ、公正証書遺言として作成します。

 

【メリット】
 ・家庭裁判所での検認を経ずにそのまま開封できる
 ・公証役場で20年間保管されるので、紛失や改ざんされることはない
 ・昭和64年1月1日以降の遺言書を検索するシステムがある
 ・公証人が作成するため、様式不備などはなく、遺言の内容を確実に実現できる

【デメリット】
 ・作成手数料などの費用がかかる
 ・証人2名が立ち会うため、証人が遺言書の内容を知ることになる

 

当事務所では、公正証書遺言作成のサポートをしております。
次のページも併せてご覧ください。
 
公正証書の作成を専門家に依頼するメリット
ご依頼から作成までの流れ

秘密証書遺言とは?

遺言書の内容を秘密にしたまま、遺言の存在のみを公証人に証明してもらう遺言です。

 

【メリット】
 ・自分で作成(代筆も可)
 ・内容を秘密にできる
 ・遺言書の存在を公証人が証明してくれる

【デメリット】
 ・家庭裁判所での検認が必要
 ・本人が保管するため、紛失やすぐに発見されない可能性がある
 ・様式などに不備があった場合、無効になる可能性がある
 ・証人2名が必要。ただし、証人や公証人などの第三者に内容が知れることはない

遺言書に書けることは?

遺言書には何でも書けるわけではなく、記載して法律的に効力のあることは限られています。

 

【法的に効力のあること】

①相続に関すること
 ・遺産の分割
 ・推定相続人の廃除及び廃除の取り消し
 ・相続分の指定又は指定の委託
 ・遺産分割方法の指定又は指定の委託
 ・遺産分割の禁止(最長5年)
 ・相続人間の担保責任の指定
 ・遺贈の減殺方法の指定

②身分に関すること
 ・遺言による認知
 ・未成年後見人の指定及び未成年後見監督人の指定

③財産処分に関すること
 ・遺贈
 ・寄付行為
 ・信託の設定

④遺言執行に関すること
 ・遺言執行者の指定又は指定の委託

⑤その他
 ・祭祀承継者の指定
 ・遺言の撤回

 

【法的効力のないもの】

次のような事柄を遺言書に記載しても法的効力はありませんが、記載することはできます。記載した内容を実行するかどうかは相続人の気持ち次第ということになります。
  
  ・兄弟仲良く暮らすこと
 ・家を継ぐ者に全財産を残す
 ・葬儀に関すること(無宗教により執り行うなど)

遺言による信託

【信託とは】

「信託」とは、次のいずれかの方法により、委託者が、受託者に対し、財産の譲渡等をすることにより受託者が一定の目的に従い、財産の管理・処分・その他の目的の達成のために必要な行為をすることをいいます。

◆信託の種類◆
①信託契約による方法
②遺言による方法
③公正証書等によってする意思表示による方法

これらの信託は、それぞれ内容や、効力の発生について違いがありますが、ここでは、遺言による信託について簡単に解説します。

 

【遺言による信託】

◆当事者◆
委託者…信託の設定をする人。遺言者が委託者となります。
受託者…信託事務を担う人。信託行為の定めに従い、信託財産に属する財産の管理又は処分及びその他の信託の目的の達成のために必要な行為をすべき義務を負います。
受益者…信託によって利益を受ける人。

委託者  →  受託者
              ↓
            受益者

他に、信託監督人、受益者代理人を設定する場合もあります。

 

◆目的◆
信託の目的は遺言者によって自由に決めることができます。では、どのようなときに遺言信託は利用されるのでしょうか。

事例1 親が亡くなったあとの子の福祉を目的とする
子が知的障害などで自立して生活していくことが難しい場合、子に遺す財産をどう管理していくかが問題となります。
そこで、子の成年後見人や未成年後見人を受託者、子を受益者とし、定期的に金銭の給付を行えるよう遺言により信託を設定することが考えられます。

事例2 身内がなく、自分亡きあとの永代供養のための費用の支払いを目的とする
相続人がいない場合、自分に万が一のことがあったあと、永代供養のため、あらかじめ遺言により遺産の一部を信託財産とし、菩提寺を受益者とする信託を設定することが考えられます。

事例3 浪費癖の強い子の生活費確保を目的とする
財産をそのまま相続させてしまうと、短期間で散在し、相続財産を失ってしまう可能性があるため、これを回避し、長く生活を保障するために、浪費癖の強い子を受益者とする信託を設定することが考えられます。

 

◆決めておくこと◆
次のポイントを盛り込んで、信託の内容を決定していきます。

①信託の目的
前述の事例1、事例2、事例3参照

②信託財産の内容(不動産、金融資産、その他の財産等)
預貯金、現金だけでなく、不動産を売却処分し、そこから諸費用、公租公課等を控除した残金を信託財産とすることも可能です。

③信託期間と信託終了事由
例 受益者の死亡まで
信託財産の消滅まで
信託効力発生後10年間 など

④委託者と受託者(それぞれの権限や義務の内容、予備的受託者など、後継受託者を含む)
委託者・・・遺言者
受託者・・・個人だけでなく、法人を受託者と設定することもできます。ただし、未成年者、成年被後見人、被保佐人は受託者となることはできません。

⑤受益者
個人だけでなく、法人を受益者と設定することもできます。受益者が受託者を兼ねることもできます。

⑥信託監督人及び受益者代理人を設定する場合は、その権限や義務の内容
信託監督人・・・受益者保護のために、受託者を監督します。未成年者、成年被後見人、被保佐人、当該信託の受益者を除き、資格に制限はありません。法人を信託監督人とすることもできますし、複数の信託監督人を設定することもできます。
受益者代理人・・・受益者の代わりに信託に関する受益者の権利を行使します。受益者自身が適切な意思決定できない場合や、受益者が複数いるため、迅速な意思決定ができないことが見込まれる場合などに設定を検討します。未成年者、成年被後見人、被保佐人、当該信託の受託者を除き、資格に制限はありません。

⑦信託財産の管理の方法や運用方法など管理上必要な事項
例 受託者は、本信託開始後すみやかに、信託財産目録を作成し、受益者または受益者の任意後見人等に交付する。 など

⑧信託の目的実現のための配分(給付)方法と給付額等
例 信託を受けた日から2か月を経過した日以降、毎月10万円を給付する。 など

⑨残余財産の帰属権利者
帰属権利者・・・受益者への給付が終了後、残余財産があった場合に、その残余財産の帰属すべき者と指定された者のことです。

この他、清算に関する事務、信託の変更に関する定めや、受託者等の報酬に関する定めを設けることができます。

電話、メールにて初回無料相談実施中!!メールでのお問合せはこちら24時間受付中!!お気軽にお問合せくださいclick

まずはお気軽にご相談ください!浅草の司法書士 池見・野口が親身にご相談をお伺いいたします!

ご相談は無料

お電話でのご相談は平日は10~21時、土・日曜・祝日は10~20時まで、メールでのご相談は24時間受け付けております。ご面談でのご相談は予約制です。

親しみやすさ

当事務所には男性司法書士、女性司法書士が在籍しております。異性には相談しにくい、同性には相談しにくいなどございましたらご相談ください。また、定期的に遺言・相続に関する無料セミナーや個別相談会も開催しております。

お見積りは無料"

事前にどのような費用がかかるのかをご説明し、資料をお持ちいただければ無料でお見積りいたします。

ご挨拶

相続の「困った!」「面倒!」を解決、お客様の安心のために全力でサポートします。

池見啓介

このたびは当サイトをご訪問いただき誠にありがとうございます。当サイトは、「相続」に関するお悩みをお持ちのみなさまのお役に立てるよう街の身近な専門家である司法書士事務所が作成しました。

「相続」は心の準備もないまま突然訪れます。そして、ご家族が亡くなるということは、悲しいと同時に故人からの最後の贈り物を受け取るということでもあり、各種届出や名義変更など決められた期限の中でしなければならないこともたくさんあります。

また、「相続」手続きはそれぞれの方の実情に応じて多種多様であり、みなさまご自身で手続きを進めるには時間も労力も想像以上にかかることが予想され、途方に暮れてしまうこともあります。

そこで、相続の専門家であるわたくしどもが、みなさまの実情にあわせたきめ細かな対応で、亡くなられた方の意思とみなさまの想いを繋げるお手伝いをさせていただきます。

「相続」という手続きは一生のうち何度もあるものではございません。この機会が不満の残るものとならないよう、煩わしい書類の収集から名義変更まで、懇切丁寧な対応でみなさまに安心していただけるよう努めて参ります。

まずはお気軽にお問合せください。

浅草雷門司法事務所・浅草雷門行政書士事務所
代表司法書士・行政書士 池見啓介
東京司法書士会所属(登録番号 第5204号)
東京都行政書士会 (登録番号 第12080499号)

浅草の司法書士・行政書士 池見啓介ブログ 「相続・遺言の円満解決をサポートします」新着情報

業務対応地域

<東京都>台東区、墨田区、葛飾区、荒川区、足立区、江東区、江戸川区、中央区、千代田区、浅草、田原町、稲荷町、上野、入谷、三ノ輪、南千住、北千住、蔵前、浅草橋、業平橋、本所吾妻橋、押上、曳舟、八広、四ツ木、立石、青戸、柴又、東向島、鐘ヶ淵、堀切、牛田、小菅、五反野、梅島、西新井、竹ノ塚、青井、六町、御徒町

<埼玉県>八潮市、草加市(谷塚、草加、松原団地、新田)、越谷市(蒲生、新越谷、越谷、北越谷、大袋、せんげん台)、三郷市(三郷、三郷中央)、吉川市(吉川、吉川美南)

<千葉県>市川市、船橋市、松戸市、鎌ヶ谷市、白井市

サービスに関するご質問・ご相談・お問合せは下記までお気軽に!初回無料相談実施中!!お客様のご都合を最優先いたします!!電話番号03-5830-7417 平日10時~21時|土日祝10時~20時 ※事前にご連絡いただければ営業時間外、土日祝日も対応させていただきます。メールでのお問合せはこちら24時間受付中!!

浅草寺・雷門からすぐ!浅草駅から徒歩2分!お気軽にご相談ください!書類収集や名義変更などの相続手続きは浅草雷門司法事務所・浅草雷門行政書士事務所へ!